呑む・食べる

おうちバーは見た目も大事

ヴァンゴッホウォッカ
外で気兼ねなく飲めなくなって一年以上が経ちました。元々酒好きなので、外で飲めないなら家で飲めば良いじゃない。と、日に日に晩酌ライフが充実していきます。
先日はボトルも液体も美しいジンとウォッカを購入してまいりました。

ヴァンゴッホウォッカ

ヴァンゴーウォッカ(ヴァン・ゴッホ・ウォッカ)は、オランダの伝統ある蒸留所で作られたプレミアムウォッカ。

ボトルはフレーバー毎に異なるゴッホの絵画。写真ではわかりにくいのですが、大きな1リットルのボトルは手前に額縁、奥というか中に絵画が描かれているんです。このボトルだけでも価値があるらしい。

国立美術館にゴッホの絵が来た時はこのお酒が売られるそう。国立美術館でお酒の販売は私の知る限りではこれだけです。

ソーダで割ってスッキリと

売り場の方は常温ストレートでちびちび飲むことをおすすめきてくれたのだが、
ウィルキンソンとジンを適当に、3:1位で割っていただきました。
ジンにはライムやレモンを絞ることが多いのですが、このジンはクリアでなめらかで炭酸で割ったことすら失敗だったと思うくらい美味しかったです。
最高級のウルトラ・プレミアムウォッカ『BLUE』も楽しみです。