ライフスタイル

何をしても続かなかったズボラ女子でも出来た習慣化のコツ

何をしても続かなかったズボラ女子でも出来た習慣化のコツ

この記事を読んでくれている方は、良い生活習慣をつけたくても続かない。何をしても三日坊主。継続力がなくて悩んでいるのではないでしょうか。

私もアラフォーになるまで悪い行動は習慣化されるのに、良い行動は三日坊主。継続力がなくて無駄なことをたくさんしてきました。

毎日歯磨きをする、顔を洗う、靴下を洗濯機に入れることも出来ず、人間としての習慣がついていないので、恋愛も仕事も続かず貯金も全くありませんでした。

そんなズボラ以下の私ですが、現在は車を買い、家を建て、猫と暮らし、お金と時間に縛られることなく生活ができるようになったのは、失敗しながらも小さな習慣を身につけることが出来たからだと思います。

そこで、どんなズボラ女子でも出来る、幸せになる習慣化のコツをまとめたいと思います。

習慣しか勝たん(恥)

習慣化のコツ

小さくゆるいルールにする

年間100万円貯金したいのであれば、週に1回お金を全く使わない日を作る。2回出来たら来週はお休み。

ダイエットのための宅トレをするのであれば、毎日1回スクワットをする。物足りなかったから2回やる。

など、え?こんなことでいいの?って位小さい行動を毎日やることが続くポイントです。今まで続かなかったのに、また同じような厳しいルールを決めても挫折します

習慣化した先のなりたい自分を描く

100万円貯まったら何をしたいのか。3kg痩せたら何をしたいのか。夢に出てきてしまうくらい、そのときの自分を描けるようになったら絶対に習慣化されます。

私は家を買い、理想のインテリアにするためにどのくらいのお金が必要かを算出し貯金に励みました。PinterestというSNSを使い、家の外観、間取り、インテリアの画像を収集し毎日眺めることでモチベーションを維持をしました。

継続できなかったときのお守りを持つ

どんなに行動を細かくしても続かないことはあります。人間だもの。

また、三日坊主になっちゃった。
どうせ私なんて何をしてもダメなんだ。
別に貯金なんてなくたって、働けば何とかなるし。

と、何かを始めて挫折する度に自分が嫌いになり、ナニクソと再度頑張るのではなく言い訳を探していました。そんな考えでは何をしても上手くは行きません。

そこで、何度失敗してもいい。もう一回トライすればいい。と思うようにしました。
(この方法で3回目にして禁煙に成功しました。)

考え方を変えたと同時に、習慣化モチベーションを上げる本を挫折したときに読むようにしました。今まではスタートに使うだけ、一度のみ読んでおしまいだったのですが、挫折したときにきっかけをくれた本を読むことで何度でも立ち上がれるようになりました。

30年以上ズボラ生活をしてきて、悪習を変えるのは並大抵の努力では難しかった。それ以前に努力が苦手だし。それでも欲深い性格を活かし、こんな生活をしたい、こういう人間に見られたいと行動をし、続けることで今の私を手に入れることができました。

自分の性格や癖を客観的に捉え、上手く使うことで習慣化は出来て、習慣化することでなりたい自分になる=幸せになることができます。

大丈夫。筋金入りのズボラ女子でもできたんだから。