ライフスタイル

メルカリが面倒な私が本を売るのはバリューブックス

メルカリが面倒な私が本を売るのはバリューブックス

先日段ボール1個分の本を処分しました。

レアモノではない普通の本、特にビジネス本や参考書なんかはメルカリが1番高く売れます。私も何度かメルカリを利用していて、定価に近い金額で購入してもらえたので「本を売るならメルカリが1番」と思っていたのですが、今回はバリューブックスにしました。

ズボラ女子にはメルカリは面倒だった

書籍買取サービスのバリューブックスにした理由は、単純にメルカリの発送が面倒になったからです。

出品、メッセージのやり取り、梱包、発送、評価・・・大量出品となると結構な手間になります。一度まとまって売れてしまったときに、連絡漏れをして購入者の方に不快な思いをさせてしまったので、ズボラな私には向かないなと思いました。

バリューブックスのメリット

バリューブックスを知る前はネットオフを利用していました。初めて利用した買取サービスがネットオフだったので買取金額がほとんどつかなくても、他のサービスを使うのは面倒だし、ただで処分してくれるサービスだと思って利用し続けていたんですね。

しかし、ちょっとだけメルカリをやって味をしめてしまい、楽ちんな買取サービスでももう少しお金にならないもんかと探していたところバリューブックスに出会いました。

事前に買取金額がわかる

本のバーコードを読み取ると大体の査定金額がその場でわかります。本の状態によって実際の買取金額と差が出るとは思いますが、ネットオフやブックオフでは金額のつかない物も微々たるものですが査定金額が出てきました。

本棚スキャンと言って、本棚に並ぶ様子(背表紙)をまとめて写真を撮って査定もできるのですが、こちらは利用してことがないので精度が分かりません。

買取金額が高い

個人売買のメルカリと同様までいきませんが、他の買取サービスより高値で購入してくれます。

今回は比較的人気の本を混ぜて依頼をし、バリューブックスだと3,000円くらい、ネットオフだと800円くらいでした。この差は何!

バリューブックスのデメリット

買取サービスなので、高値で買取ってくれるのが一番のサービスだと思うのですが、デメリットもあるのでまとめておきます。

送料が一律500円かかる

後日送料無料クーポンが発行されたり、キャンペーンもあるみたいなので上手く活用すれば他サービス同様無料で利用できると思います。

段ボールが自己負担

他サービスだと段ボールを無料でくれたりしますが、バリューブックスは自前で用意しなくていけません。

明細がない

ネットオフではどの本がいくらだったかがネット明細でわかるのですが、バリューブックスのマイページには買取できた数と金額しか確認できませんでした。

デメリットもありますが、バリューブックスの方が買取金額が高いので今後はこちらを使っていこうと思います。

バリューブックス