AI分析でわかった トップ5%社員の習慣を読んで

読書感想文

本屋で平積みになっていたのを見て気になっていた『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』がAmazonPrimeで読み放題になっていたので、早速ダウンロード。2週間かけてやっと読み終わりました。

結論から言うと、タイトルにやられたなと言う感じ。もし、私が稚拙な言葉でこの本にタイトルを付けるのであれば

AIが証明!世の中に出回っている習慣本は全て正しかった

まぁ、このタイトルでは全く売れないでしょうが。

著者はマイクロソフトの元役員。怪しげな『習慣化コンサルタント』等の肩書きではなく、大企業出身の起業家や輝かしい経歴の方の言うことしか信じない方にはお勧めですが、どうも私には合いませんでした。

この本が合わなかった理由

数字が沢山出てくるが、文字だけでわかりにくい

5%社員の○%はこうしてて、95%の社員の○%はこうしててとやたら数字が出てくるのですが、おバカな私には理解ができない。

数字を沢山出すなら、図にするなどビジュアル化してほしい。

目新しいことがない

AI分析の結果、トップ5%の社員は実にこう言う習慣があった。というワードが毎回出てくるのですが、AIが分析してくれなくても知っているわってことが多かったです。何なら、習慣化本には必ず書いてあることばかり。

その他にも、たまに出てくる図?イラスト?は「これいる?」ってものだったり、突然出てくる著者のマイクロソフト時のエピソードだったり、非常に読みにくかったです。

今回は頭の悪い辛辣なレビューになってしまいましたが、タイトルは抜群に良い=マーケティング視点で見ると抜群だと思います。