お金と仕事

3つのお財布を手に入れる

3つのお財布を手に入れる

年内に3つのお財布を持つ。
昨日、何も考えずにノートに書いた一言。

収入源は複数あると安心

3つのお財布というのは、3つの収入源のこと。倒産2回を経験しているせいか、正社員で働いていてもいつも不安で、

「この先何があるかわからないから、お財布は何個か持っていないと」

と常に思っていました。昔は、雑誌のライターや夜のアルバイトを副業に。Web業界に入ってからはアフィリエイトだったり、知り合いの会社のサイト制作だったりをしていました。

今欲しいのはしっかりしたお財布

会社という後ろ盾がなくなった今、小銭入れを長財布にしなくてはいけないなと思っています。

しかし、前職でそこそこの貯金が出きて、再就職手当までもらってしまい、固定費を月で2万円、3年前と比べると5万円も落としたせいもあり、何だか心に余裕ができてしまい、昔のようにハングリーに働くことができません。

それはそれで良いことなのかも知れませんが、最近ちょこっとだけ不安になって今日日記に書いたのでしょう。

欲望の見える化でハングリー精神を蘇らせる

元々欲深い女です。ブランド物は好きだし、靴には目がないし、何かと高いものを選びがち。そのおかげで、高度成長期のサラリーマンのように24時間戦えたのですが、長く続く不景気、プチプラブームで高いものを好むことは悪のような感じがし始めました。

収入だけが全てじゃないって思うと気持ちも楽になったこともあったのですが、ふんわりとした日々に最近何だか鬱々としてそこから抜け出したい。

そこで、今欲しいものを見える化し始めました。iPadのGoodNotesというアプリに、雑誌のスクショを貼って、キャッチコピーをつけて、どこが好きかを雑誌を作るように書いていきます。

ただ、デジタルだと自分から開かないと見えないので、完成したら印刷していつも見えるところに貼ろうと思います。

本当に人間てわがままですね。前まではお金と時間に縛られてヒーヒー言っていたのに、のんびりゆったりとして幸せを手に入れると、欲しいものを手に入れるために猛ダッシュしていた頃に戻ろうとする。でも、自分自身がそれを幸せと感じるのであれば、良しとします。

アラフォーおひとりさまになると、誰の目を気にすることなく、気を使うことなく、突っ走れるのです。