お金と仕事

再就職手当入金までの流れ

再就職手当

ハローワークから再就職手当が入金されました。結構まとまった額だったので素直に嬉しいです。

役所の説明やパンフレットに載っていたよりもかなり早く入金されたのでまとめておきたいと思います。

再就職手当が支給される条件

1.受給手続き後、7日間の待機期間満了後の再就職であること
失業保険受給手続きをしてから7日間の待機期間中に仕事を始めた場合は認められません。また、待機期間中に仕事などをしたことにより失業の状態でなかった日や、失業の認定を受けていない日は、待機期間に含まれません。

2.失業手当の支給残日数が、3分の1以上残っていること
支給日数の残りが所定給付日数の3分の1を下回っている場合は、受給資格がありません。
(基準となるのは就職日の前日まで)

3.再就職先と前職との間に、密接な関わりがないこと
前職とはまったく関係のない会社に転職した場合のみ、再就職手当は支給されます。たとえば、前職からの紹介で就職した場合や、退職後、再び同じ会社に就職した場合、資本・資金・人事・取引面で密接な関わりのある会社に 関連企業親取り引き先取引先などへ転職した場合は受給条件から外れます。

4.ハローワークまたは人材紹介会社経由で決定した再就職先であること
自己都合などで離職をした場合、基本的に給付制限が設けられます。この給付制限がある人は、待機期間終了後1ヶ月間は、ハローワークか厚生労働省が許可した職業紹介事業者からの紹介で再就職する必要があります。

5.再就職先で、1年以上の雇用が見込まれること
再就職しても1年以内に退職する可能性がある場合、手当の対象外です。
派遣スタッフの場合、1年未満の派遣契約は支給の対象外となりますが、契約更新の見込みがある場合は、再就職手当の支給対象となります。

6.雇用保険に加入していること
再就職手当を受給するためには、再就職先での雇用保険への加入が必要となります。

7.過去3年以内に、再就職手当や常用就職支度手当を受給していないこと
3年以内に、再就職手当を含む就職支度手当を受けたことがある場合は、受給することができません。常用就職支度手当とは、さまざまな理由で就職が困難な人が就職した際に支払われる手当のことです。

8.受給資格決定前に、再就職先での採用が内定していないこと
失業手当の申請より前に採用が内定している場合は、受給資格がありません。たとえば、前職を退職した時点で、すでに転職先が決まっている場合は受給対象外となります。

9.再就職手当の支給決定日までに離職していないこと
再就職手当が支給される前に離職をした場合、受給する資格がなくなります。

再就職手当いくらもらえるの?

 

再就職手当

今回私は給付日数に300日あったのですが、120日近くの失業給付をもらっていた(無職だった)ので、残日数が1/3となり、

基本手当日額の上限金額×残日数(188)×60%

が支給されました。あと12日早かったら70%の支給だったので悔しい・・。

内定から入金までの流れ

6/30 入社前日
ハローワークで最後の失業認定をしてもらい再就職手当に必要な書類などをもらう。

7/1 入社
再就職手当の申請書、採用証明書、前職と関係がないかの調査書を会社に書いてもらう。

7/4 3つの書類と合わせて雇用保険受給資格者証をハローワークに郵送する。

7/9 最後の失業給付金が振り込まれる。

7/14 ハローワークから決定通知書が簡易書留で郵送されてくる。

7/15 入金

通常申請をしてから1〜2ヶ月はかかると聞いていたのでかなり早く処理してもらえたみたいです。

ハローワーク八王子さん、コロナ禍で忙しいのにありがとうございます。と心で呟きました。

番外編:再就職したのにすぐに辞めてしまったら

苦労して勝ち取った内定。できることならば長く勤めたいですよね。しかし何があるかわかりません。現に・・・

もし、受給期間満了年月日の前に退職してしまったら、また失業給付が復活するそうです。

再就職手当

決定通知書と一緒に雇用保険受給資格者証が返却されるので裏面の再就職手当分を引いた残日数分なので「手当入ったラッキー!」と書留内の書類を廃棄しないで取っておきましょう。

今回失業保険をもらうのは2回目。再就職手当は初めてだったのですが、手続きや書類は簡単なものが多くてすんなり申請することができました。そして、雇用保険の補償の厚さにびっくりしました。

できることならば、失業保険を受け取るような事態にはあまりなりたくないですが、今現在、失業して困っている方の参考になればと思います。